2004

泪にさえも戸惑うことなく願いを歌う

こんな言い方はすきじゃないけどあえて言う自担、を2人見送ったわたしはこの日のことを忘れないようにしたいと思った。



2018/04/15 9時半 ジャニーズFCから「11時に関ジャニ∞からお知らせがあります」というメールが入った。

たまたまN氏と11時から遊ぶ約束をしていて、そこに向かう途中だった。
代官山で待ち合わせ。11:05くらいだった。待っててもらったN氏と駅前の人通りの少ない道で、FCページにアクセス。すぐには繋がらなかったけど、開いた瞬間目に飛び込んだのはすばるからの最悪のメッセージ。
代官山の駅前で20~30分携帯を握りしめて泣いた。涙が止まらなくてどうしようもなかった。

今日1日を元々の予定通りしっかり楽しもう。と言い合って八屋へ。歩きながら話が途切れると、涙が止まらなくて、なんか話して!ってお互いに無理矢理会話しながらだった。
少し泣きながらそれでもそれなりにちゃんと約束通りの休日を過ごした。ネットでは会見の様子が流れていたみたいだけどとても開けなかった。ネットを避けてたらそのうち電波が入らなくなった。(謎)

S氏と合流して原宿ジャニショに。そのまま入れたけど、関ジャニエリアは大混雑。定期的に売り切れが発生。それでもそれなりに個人の写真を確保できたからきっとわたしは幸せ者だった。(2018/04/16すべて売り切れ)

そのあと少しふらふらして、カフェに。他の2人はネットが見られる人だったから、横山さんのコメント読んでもらったりしながらなんとなく状況を把握して。落ち着いたらやっぱり涙で、3人で交互に泣くなんて不思議な状況になりつつ。関ジャニに出会ってからずっと、デビューしてから14年ずっとずっと楽しかった。ずっと楽しかったよね。

帰り道はひとりで泣きながら帰った。どうしても涙出てきて困るなんてこと初めてだった。

思い出すのはずっとずっと楽しかった、それだけ。



Mステから一夜で有名になって、「東のタッキー西のすばる」って呼ばれるようになって、急な環境の変化に耐えられなくて、タトゥー入れたり反抗したり、そんな荒れてたときによこひなが隣にいた。黄金期メンバーが近くにいた。3人で日の当たる場所まで帰って来た。デビューしてからもできないことやらせてもらえないことの方が多くて、精神的にきつかったと思う。よこひなが掛け合ってしばらくバンドに逃がしたこともあった。やりたいことを出来る限りでやらせてあげようとした。内くんにいつも真っ直ぐに言葉を届けてくれた。そんな中で、一瞬かもしれないけどアイドルに誇りをもって関ジャニ∞のなかから私たちに向けていろんなものをくれた。

わたしが関ジャニ∞を知ってからの16年は、ずっとずっと楽しかった。本当にずっとずっと楽しかった。

いまもこれからもずっとずっと楽しい。

広告を非表示にする