読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2004

泪にさえも戸惑うことなく願いを歌う

閃光スクランブル

本・映画

本を買いにいったら、1番見えるところに平積みされていて、文庫になったならと思ってお買い上げ。

f:id:jt8hu:20151128102145j:plain

ちなみに処女作ピンクとグレーは読んだことない。


正直しげさんだし~文庫なら読んでみるか~な感じで買ったんだけど読んでびっくり。

そのへんの変なランキングで1位とった本なんかよりよっっっっっぽど面白かった。

もう軽くしげさん何て呼べないし、今度から敬意を込めてしげさんと呼ばせていただきます。





読み初めてただただ引き込まれてったんだけど、ときどきふと我にかえって「そうだ、これ書いたのしげさんだ…」ってなってちょっとゾクッとした。

しげさんが書いてることへのゾクッじゃなくて、この話をしげさんが書いたことへのゾクッと感。


途中、伊坂幸太郎っぽい雰囲気もありつつサラッと読めるのでぜひとも読んでもらいたい!


作家加藤シゲアキに魅せられたのでピングレも近いうちに

広告を非表示にする